Menu

石垣島 -八重山諸島の拠点-


天然記念物のイリオモテヤマネコなどで知られる西表島や、有人島としては日本最南端の島となる波照間島などが含まれる八重山諸島。宮古列島を合わせた先島諸島の中心地であり、そして観光の拠点となっているのがこの石垣島です。

常夏の島:石垣島

東京から約1600km離れた沖縄本島。そこからさらに南西へ約400km離れた日本の果ての地にある石垣島。むしろ本島よりも台湾のほうが近く、その距離は僅か270km程度です。気候区分では本島よりもさらに暑い気候を指す熱帯雨林気候に属し、一番寒い月である1月の平均気温が18度程度とまさしく常夏の島なのです。島の大きさですが、本島も含めて3番目の大きさを誇ります。この石垣島からは八重山諸島のほとんどの島に船でアクセスできるようになっており、観光拠点としてもすぐれています。

川平湾:沖縄県唯一の三ツ星観光スポット

有名なグルメガイドとして知られるあのミシュランガイドの旅行版である「ミシュラン・グリーンガイド」。その日本版において、沖縄県唯一の三ツ星を獲得した観光スポットがこの石垣島にあります。それがこの「川平湾」です。突き抜けるような青い空から降り注ぐ陽の光に導かれ、信じられないような青緑色に輝く海、そして白い砂浜。この場所でゆっくりとした時間に身を委ねることで、あなたは楽園という言葉の意味を本当に理解することになるでしょう。

それ以外にも、たくさんの見所がこの石垣島にはあります。もしボクシングに興味があるのであれば、石垣島が生んだスーパースター、具志堅用高記念館は興奮ものです。