Menu

宮古島へのアクセス・宿泊


宮古島への飛行機

宮古諸島への旅を考えている方は、ひとまず宮古島に向かうことになります。2018年4月現在、宮古島への飛行機が飛んでいる日本本土の都市は4ヶ所で、東京(羽田)、大阪(関西)、名古屋(中部)、そして福岡になります。この内、東京だけが1日2便飛んでいて、それ以外は一日1便となっています。詳細についての変更などもあるかも知れませんので、こちらで最新情報のご確認をお願いします。

また当然沖縄本島からも宮古島行きの便が多数飛んでいます。宮古列島だけではなく、沖縄本島も楽しみたいという方はそちらも併せてご確認いただければと思います。

宮古島での宿泊

宮古島は現在新しいリゾートが続々進出中です。ここではその最新のホテルを幾つか紹介いたします。

ザ・リスケープ

2019年5月オープンのこのリゾートホテルは、宮古島の東海岸のこれまでホテルのなかったエリアにできた、少し風変わりなリゾートホテルです。というのも一般的なリゾートホテルのイメージである大きなビルディングがない、平たく広がったホテルだからです。隠れ家をイメージしたこのリゾートの詳細は、こちらでご確認ください。

ホテルシギラミラージュ

こちらも2019年4月にオープンしたばかりの最新ホテルです。場所は宮古島南部、ドイツ文化村近くのリゾートが建ち並ぶ地域になります。現在はベイサイドのみのオープンで、7月にはヒルサイドもオープンの予定です。詳細はこちらで確認してください。